ファミリーバイク特約の比較

自動車のほかに原付バイクを持っている人には、単独でバイク保険に入るよりも、自動車保険の特約(オプション)として「ファミリーバイク特約(原付特約)」に加入したほうが保険料が割安になる。

さらに、自動車保険の「ファミリーバイク特約(原付特約)」は1契約で複数台の原付バイクの補償をカバーする。
このため原付バイクを複数持っている人は、バイク保険に1台ずつ加入することと比べるとコストメリットが特に大きい。


ファミリーバイク特約の補償範囲の違い


ただ、同じ「ファミリーバイク特約」といっても保険会社によって実は大きく補償内容が異なる。
それは、原付バイクに乗っている人のケガの補償の範囲の違いである。

大きく分けると、ファミリーバイク特約には2つの種類がある。
 ・「自損傷害型」
 ・「人身傷害型」

この2タイプのどちらであっても他人への補償(対人賠償・対物賠償)はついている。
保険会社が「人身傷害型」というネーミングをしたことによって、「人身傷害型じゃないと他人をはねてケガさせたときに補償されない」という誤認をする人が後を絶たない。

大切なことなのでもう一度繰り返すが、この2タイプのどちらであっても他人への補償(対人賠償・対物賠償)はついている。

では何が違うのか?
それは、原付バイクを運転している本人のケガの補償の範囲と、保険金の支払われ方の違いである、

まず、「補償の範囲」の違いを表で比較する。

 

自損傷害型

人身傷害型

他人を死傷させた

他人の車や物を壊した

単独事故で自分がケガした

単独事故以外で自分がケガをした

×

自分のバイクが壊れた

×

×

このように、対人・対物賠償はいずれにもついていて、違いが「自分のケガ」の補償の対象範囲だということがご理解いただけたかと思う。

次に「保険金の支払われ方」の違いを表で比較する。

基本的に自動車保険の車を運転中に自分や同乗者がケガした時の補償である「自損事故傷害保険」と「人身傷害保険」と同じ計算方法となる。

非常にわかりにくいが、ざっくりいうと、「自損事故型」は、定額払といって、一律同じ金額が支払われる(補償額は少ない)。
一方「人身傷害型」は実損払といって、実際の損害額が支払われる(治療費の実費など)。

 

自損傷害型

人身傷害型

自分が死亡した 1,500万円が一律で支払われる 約款記載の方法で計算した金額が支払われる
(契約した金額が上限)
自分に後遺障害が残った 後遺障害の程度により50~2,000万円が支払われる 約款記載の方法で計算した金額が支払われる
(契約した金額が上限)
自分がケガして入通院した

入院1日6,000円
通院1日4,000円
(合計100万円が上限)
入通院にかかった治療費・休業損害・通院交通費・精神的損害などの実損が支払われる
(契約した金額が上限)


各社のファミリーバイク特約(原付特約)の種類

会社名 ファミリーバイク特約の種類
(参考)東京海上日動 ・自損傷害型
・人身傷害型
(参考)三井住友海上 ・自損傷害型
・人身傷害型
(参考)損保ジャパン日本興亜 ・自損傷害型
・人身傷害型
(参考)あいおいニッセイ同和 ・自損傷害型
・人身傷害型
チューリッヒ ・自損傷害型
 
アクサダイレクト ・自損傷害型
 
アメリカンホーム ・自損傷害型
 
ソニー損保 ・自損傷害型
・人身傷害型
イーデザイン損保 ・自損傷害型
 
三井ダイレクト ・賠償のみ型
・自損傷害型
・人身傷害型
そんぽ24 ・自損傷害型
 
SBI損保 ・自損傷害型
・人身傷害型
おとなの自動車保険(セゾン火災) ・自損傷害型
・人身傷害型

このように、ダイレクト自動車保険は会社によって「自損傷害型」しか扱っていない会社も多い。
これは、「人身傷害型」は、損害率が悪い(もらう保険料に対して、保険会社が支払う保険金が多い)ので、儲からないからだと考えられる。
それだけ原付バイクは乗っている人のケガのリスクが高いということだ。

注意が必要なのは「自損傷害型」しか扱っていない会社は、自社のファミリーバイク特約が「自損傷害型」であることを特約名称に記載しておらず、単に「ファミリーバイク特約」とし記載していない点である。
多くの顧客が補償が薄い「自損傷害型」だと気が付かずに加入している可能性もある。

ファミリーバイク特約をつけるときに、そのファミリーバイク特約が「自損傷害型」なのか「人身傷害型」なのかよく注意しておかないと、保険料が安いと思ってもいざというときに補償が受けられないということになる。
(「自損傷害型」と「人身傷害型」は1万円くらい保険料の差があることも多い)


このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

価格.com 自動車保険